沿革

1981.1

広島市中区大手町に絹谷一雄(現理事長)が不妊診療専門クリニックとして「絹谷産婦人科」を開設

2000.4

絹谷正之(現院長)が副院長に就任し、一般不妊診療に加えて体外受精、顕微授精などの高度生殖補助医療(当院は日本産科婦人科学会登録施設です)を開始。

これにより一般不妊診療から高度生殖補助医療までを当院が一貫して行うことが可能に。

2002.3

医療法人化

2002.5

絹谷正之が院長に就任

2007.9

広島市中区本通へ移転

2007.10

岡野真一郎医師が副院長に就任

2008.10

楠田朋代医師就任

2010.10

ISO9001認証取得

2011.2

JISART認証取得

2011.4

日本生殖医学会生殖医療専門医制度研修施設認定

2013.5

「初診前説明会」開始

2014.9

「心理教育セミナー」開始 「絹谷産婦人科研修会」開始

2015.10

「妊活セミナー」開始

2015.11

「終結セミナー」開始

2015.7

芝令子医師就任

2017.3

楠田朋代医師退任